得手 不得手

年末年始で実家に帰省した弟と話していて、気付いたことがありました。

弟は、人より出来る人を、さらに出来るようにするのが得意で

自分は、人より出来ない人を、その人らしくのびのびと伸ばしていく方が得意のようだ、と。

 

多人数のクラスを、もし自分が担当してしまうと

その中にいる出来る人は、もっと先へ行きたいのに

できない人に合わせてゆっくり進もうとする自分のペースにストレスを感じるのではないか

そう思ってしまいます。

自分がマンツーマンの家庭教師を選んだのはそんな理由もありました。

 

新しい年に、新しい挑戦。

期待と不安とが入り交じった心境です。

これから、どんな子どもたちに出会えるのか、楽しみです。

この記事を書いた人

ココロに触れる家庭教師