心と体の声を聴く

講師紹介にも書きましたが、自分は昔、仕事で燃え尽きて

年単位で休まなければなりませんでした。

原因はいろいろありましたが、

「自分の心と体の声を聴くことができなかった、無視し続けてしまった」という理由が大きかったと思います。

 

疲れてきた時に「あ、自分は疲れているな」と自覚して

疲れをそのつど取っていければ良かったのですが

自分は、目の前の事や、周りの要求、自分の内にあるプレッシャーなどから

自分の心や体の「疲れたよ、休みが必要だよ」という信号を無視し続けてしまいました。

 

結果、「これ以上やったら心と体が本当にだめになってしまう」と、【鬱状態】という心身の安全装置が働いて

体が強制的に休息モードに入り、自分の意思(頭)に反して

「働けなくなる、頑張れなくなる」という状態になりました。

 

動けなくなってからは、そうした自分の心と体が発している

「疲れたよ、痛いよ、無理しているよ」などの声に

耳を傾ける練習の日々でした。

そのためには、静かな一人の時間を持つことが助けになりました。

自然に触れたり、空を見上げたりしているうちに

自分の心が求める、あたたかいもの、やさしいもの、ほっとするものを

敏感に感じ取れるように、少しずつなっていきました。

 

心身の声を上手に汲み取れるようになり

限界を超えてしまう前に休むことができるようになってくると

余裕が生まれてきて、人生を楽しんだり、自分が大切にしたいものを大切にしたり

本当に自分がしあわせと感じることのために、時間を取れるようになってきました。

 

今も、心身の声を聴く訓練を続けています。

この記事を書いた人

ココロに触れる家庭教師