嘆き悲しむ時間を取る

 

今、読んでいる本に

「嘆き悲しむ時間を取る」ことの大切さが書いてありました。

 

悲しみや怒り、喪失などを

適切に向き合い、自分のものとして認め、大切にすることは

人間として大切な深みを培ってくれるもののようです。

 

それは、自分が今まであまり取り組んでこなかった領域であるため

自分はこれから、過去や現在感じている嘆きと悲しみという

暗い谷間へと招かれている

【人間】として本来の姿へと成長していくために。

なんとなく、そう感じています。

 

感謝しつつ、恐れずに、人の支えを時に借りながら

ゆっくり、進んでいきたいと思います。

 

 

 

この記事を書いた人

ココロに触れる家庭教師