休むことを学ぶ

休みの日に、休むことは出来ていますか?

自分は、「休むこと」があまり得意ではありません。

なので、過去の疲れを持ち越し続けてしまっています。

 

これでは、能率がどんどん落ちてしまう。

なので、休むことを「学ぶ」必要があるな、と感じていて

自分が本当に休息できる環境作りを模索しています。

 

自分が休める環境作りには、自分を知る必要があります。

どんな環境で、自分は休めるのか、リラックスしやすいのか。

どんな環境だと、自分は休めずに疲れてしまいやすいのか。

 

いろいろな環境へ赴き、自分の心身がどう反応しているかを観察すると良いと思います。

自分の場合、自然の中や、広々とした人気の少ない所、

良く手入れされた自然(里山や庭など)などで特にリラックスできるようです。

 

また、部屋でリラックスできるように環境を整えることも効果的です。

片づけや掃除をしたり、普段使わないものは見えないようにしまったり隠したりすると

衛生的・視覚的にも心がざわつくことが減ります。

好きなお茶を入れたり、お香やアロマを焚いたりするのもいいですね。

 

本当に休んでリラックスできたら、

また次へと進む意欲と力が湧いてきます。

そのために、上手に休んで疲れを取ることは大切です。

私みたいに上手に休めない人は、休み方を学ぶ・練習する・試行錯誤するなどして

自分なりの上手な休み方を身に付けていけるといいですね。

 

 

 

この記事を書いた人

ココロに触れる家庭教師